西宮にある当院は鍼灸の他に整体を組み合わせて身体の内面から改善します

いのうえ鍼灸整骨院


院長日記

認知症の正しい知識・対応法について

更新

【認知症】の正しい知識を理解している人は少ないのではないか?

もちろん、医療従事者や、介護職、実際に家族が認知症である。

という方たちは基本的知識として知っているかと思いますが、

そうでない、認知症の方と直接会話したことのない方達は

ほとんど正しくは理解できていないのではないかと思います。

それでも、テレビやインターネットからの情報で

知る機会は増えてきているので、


昔、【ボケ・痴呆】と言っていたが、今では差別用語とされ、

使用されることも、無くなってきた。事はご存じでしょう。


私自身も、以前勤めていた整骨院を辞めて、いのうえ鍼灸整骨院の内装工事をして開院するまでの期間に、

ヘルパー2級という資格を取り、少しだけですが、介護の仕事をさせていただきました。

なんというか、認知症の方が何人も集まって同じフロアにいる光景は結構衝撃でした。

認知症とは?
ーーー医学的な見解ーーー

一度獲得された知識が脳の器質的な障害により持続的に低下したり失われる事。

器質障害に基づき記銘・記憶力・思考力・計算力・見当識の障害が見られる。

知覚・感情・行動の異常も伴うことが多い。

短期記憶→失われる事が多い

長期記憶→保持される事が多い

認知症の原因となる脳の病気
アルツハイマー病
初老期認知症疾患の一つ。認知症を主症状とする原因不明の脳の器質性疾患。
脳が委縮したり、神経細胞が脱落したりする。

発症年齢は50歳前後から、女性に多い。

中心症状

認知症

記憶障害

見当識障害

視覚失認

ピック病

初老期認知症の一つ。
初老期に発病、道徳感情の喪失・行動の逸脱等の人格変化・異常な言動を主症状とする

比較的速やかに経過する脳の器質性疾患。脳の委縮も見られる。



認知症は老化で発症するというよりは、脳の病気で発症するという事。

それ以外に、急な環境の変化人間関係の変化でも認知症になる事がある。



このように、まだまだ認知症の原因や、プロセスはわからない事が多く、そのため治療薬などもない。

認知症の症状を抑える薬などしかなく、医学的なアプローチでは限界があるのです。


認知症は大きく3つに分けられます。


①葛藤型

粗暴行為ー相手の些細な行為や言葉で興奮し、わめいたり物を投げたり、暴言を吐く行為。

情緒不安定ー感情のコントロールが出来ない。

被害妄想

異食行為ー食べ物ではないものを口に入れたり、食べてしまう行為。

弄便ー下着の中に手を入れて大便を触ったり、投げたりする行為。


②回帰型

徘徊ー今いる場所から出て行こうとする行為

見当識障害ー今いる場所がどこで、今はいつなのか、何歳か、という見当識が過去に戻る。


③遊離型

独り言ー話しかけても反応せず、一人でぶつぶつ何かを呟いている。

無為自閉ー自分の外の世界には全く無関心。食事も取ろうとせず、口に入れても噛まない。お風呂に行こう、トイレに行こうといっても反応がない。



認知症にも色々な症状があるので、それぞれに正しく対応する事が重要です。

間違った対応をすることで、ご本人を傷つけたり、症状を悪化させる事にもなりかねません。


認知症にさせない・ならないことが最も大切な事

一度脳の細胞が死滅すると、(認知症になると)そこからはもう以前のようにはなりません。

ではどうすれば認知症になるリスクを下げられるのか?!

1つは、
極端に環境や人間関係を変えない事。

細かく言うと、ケガをして、長期入院してしまったり、高齢で一人暮らしになったからと急に別地域に住んでいる子供夫婦と暮らす。

など、環境の変化がきっかけで認知症になってしまったパターンはとても多いです。

なので、高齢になってからは出来る限り、今までの環境・人間関係の中で生活できるように工夫するか、

住居が変わるならば、本格的に移り住む前に周りの同世代がいるコミュニティに連れて行ったり、人間関係をある程度作ってから移り住むのもいいのではないでしょうか。


もう一つは、
脳細胞の数を減らさない事

認知症は脳が委縮し、脳の細胞が激減することによっておこる病気です。

そして、一度減ってしまうともう増えたりはしません。

故に、まだ何も症状もないうちから細胞数を維持するように心がける事が大事になってきます。

一言でいうと、アンチエイジング

抗加齢医学、という医学の分野がありまして、それによると、

細胞が生まれ変わる時に100%同じようにコピーされていれば同じ能力の細胞が生まれる為、老いない。

それが、年齢を重ねると、生まれ変わる時に能力が70%になったり、その70%の細胞の50%のコピーが生まれて本来の細胞の能力が失われれば、イレギュラーな細胞(癌細胞)になるため、それの増殖を防ぐために、NK細胞という細胞によって細胞を死滅させます。

それが細胞減少。

ミトコンドリアの数なんかも関係します。

ちょっと難しい話になってきましたが、コピー機でコピーした用紙Aをまたコピーして、そのコピーした用紙Bをまたコピーして、コピーした用紙Cを・・・・

という風にしていくといずれ文字が読めなくなるくらい粗く印刷されてきます。

じゃあ、なるべく綺麗に印刷できるように、最新のコピー機(体)で、機械の中(体内)もきちんとメンテナンスしてなるべく綺麗に印刷(細胞)されるようにしておきましょう。

ということです。


細胞レベルの話になってくるので、当院も鍼灸や整体だけではどうにもできませんが、手段は持っていますので、
あくまでも【予防】という観点から興味のある方はお声がけ下さい。

頭痛や肩こり、腰痛なんて症状をなんとかしたいから施術をうけるのもいいですが、


認知症のようにもう戻れない病気も多々あります。


皆さんも本当の健康というものはどういうものなのか、

家事や、子育てで忙しくて健康について考える時間がないかもしれませんが、

一度ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか?


いのうえ鍼灸整骨院の目的・目標

西宮北口の小さな鍼灸整骨院から、

関わった人すべてに肉体的、精神的に健康になって貰いたい
そして、その関わった人それぞれがまた関わる人を健康にし、健康の輪を広げたい

という想いでやっています。

ココロも身体も健康で満たす事が出来れば西宮北口の小さな鍼灸院、整骨院でも

世界平和なんてものは無理かもしれませんが、

家庭平和くらいはできるのではないかなと思って施術しています。



2017年08月05日 更新

院長日記新着記事一覧

健康の本当の意味、分かっていますか?
どんな状態であれば【健康】と言うのか多分皆さんが考える「健康」は病気でなくて、血液検査にも異常がない状態という所ではないでしょうか?ですが、決して「病気でないこと=健康」という等式...
2017年07月26日 更新
部活動引退。今後どうする?
おはようございます。今日は、学生に向けて。なので、今日は偉そうにいいます(笑)部活動での目標や、これから受験を迎えるにあたっての目標設定をいまいちしっかりもてていない学生が多いです...
2017年05月31日 更新
アンチエイジング美容鍼のご感想①
お手入れ後の感想です 施術後、化粧水とモイスチャー、下地をたっぷり入れたいと昨日思いました 肌表面がパサパサしてましたね 透明感はあるのにお手入れ後の...
2017年05月18日 更新
【久々に旦那に「ありがとう」を言われた】
 初めてお会いしてから、もう1年以上当院へ来ていただいている方から、 旦那さんのご両親、をご紹介戴きました。 お義父さん、お義母さんは長年自営で酒屋を...
2017年05月16日 更新
ダイエットは人を健康にする
 「人の一生のうち、女性で31年、男性で28年の時間ダイエットについて考えている」 名言を見つけてしまった・・・西宮北口と甲子園口の間くらいの場所で鍼灸整骨院を...
2017年04月02日 更新

いのうえ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒663-8106
西宮市大屋町1-17-105
アクセス:
西宮ガーデンズ近く、山手幹線沿い
お問い合わせ・ご予約
0798-63-5228
受付時間:
8:30~12:00
14:00~16:00
(完全予約、自費治療のみ)

16:30~20:00
休業日:
土曜午後・日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ