西宮にある当院は鍼灸の他に整体を組み合わせて身体の内面から改善します

いのうえ鍼灸整骨院


なぜお酢が体にいいの??

日曜日に、友人と食事をしていたのですが、

ダイエット食として、
キャベツをお酢で1日漬た
物を食事の前に食べるといい

とTVでやってたよ。

と教えて貰いました。

キャベツは置いといて、

酢の酸っぱい味のもとは、
酢酸やクエン酸等多種類の有機酸です
クエン酸は、食べ物に含まれるエネルギーを
活動のためのエネルギーに
変えるときに役立つ成分で、
酢とみんな大好き、
中性脂肪の源である糖質や
糖質の代謝を促すビタミンB1を一緒に
摂取すると、
スタミナアップや疲労回復に効果的です。

では、具体的なお酢による
健康への効果と注意点を
考えてみたいと思います。


お酢で内臓脂肪の減少?!


お酢を毎日とることで、内臓脂肪を減少させる効果が期待できる」
という研究データがあります。
肥満気味の方が毎日大さじ1杯(約15ml)の
お酢を継続的にとった結果、
内臓脂肪の値が下がり、体重やBMI(※)も
下がることが確認されたそうです。


※BMIとは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」
で計算される肥満度を表す指標です。


お酢で血液中の
コレステロールを撃退!!


お酢に含まれる酢酸という成分が
コレステロールの合成を抑えるとされていて、
血液中の脂肪を低下させる効果があるとされています。


お酢で血糖値の
上昇をコントロール!!


血糖値は空腹時には低下していますが、食後に上昇します。
身体に取り入れられた糖質が分解されて、
ブドウ糖として血液に吸収され血糖値が上がって行きます。
これをグルコーススパイクといい、
このような急な血糖値の上昇や下降を繰り返すと、
糖尿病や血管の病気になるリスクを高めてしまいます。

ご飯やパンなどの炭水化物をとる際は、
お酢を使った料理や酢飯にするなど
お酢を加える事をオススメします。
酢酸は糖質の吸収を妨げる働きがあることから、
血糖値の上昇を緩やかにすることでも注目されています。


いかがでしたか?
昔からお酢がからだにいい!
と言われる由縁の謎が解けたでしょうか?


普段の食事でサラダを
食べる際は
お酢を多めに使った
ドレッシングにしても
良いですね



いのうえ鍼灸整骨院では食事から体調管理をするアドバイスも行っています。

身体は食べたものから出来ています。

食事を少し気に掛けるだけでも体調がよくなったりするものです。

TVによる一時的な流行りで食事を変えるのではなく、
長い目でみて続けていけるものを選びましょう。



更新

<< 前の記事

いのうえ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒663-8106
西宮市大屋町1-17-105
アクセス:
西宮ガーデンズ近く、山手幹線沿い
お問い合わせ・ご予約
0798-63-5228
受付時間:
8:30~12:00
14:00~16:00
(完全予約、自費治療のみ)

16:30~20:00
休業日:
土曜午後・日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ